MENU

車買取の査定手続きの流れを知りたい

車買取査定は出張と店舗査定があります。
店舗の場合は予約なしでもしてもらえる場合がありますが、大抵は査定予約を入れてから来店か出張という形をとります。そして査定時には車両と車検証、記録簿、保証書などを渡して車両状態を確認してもらいます。

 

そして査定後、車の年式やグレード、状態からオークション相場を調べた買取店が金額を提示してきます。その金額で買取してもらうことが決まれば契約手続きとなります。契約はその日のうちにできますが、金額の受け取りについては車両と必要書類を全て渡してからになります。買取金額はほとんどは口座入金です。そして必要書類については普通車と軽自動車では異なります。普通車の場合は車検証、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、委任状、譲渡書が必要になります。

 

車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合はそれをつなぐ公的書類が追加で必要になります。軽自動車の場合は車検証、自賠責保険証、申請依頼書、リサイクル券が必要になります。そしてそれらの書類を不備なく渡すと入金の手続きとなります。ただし、買取店によって自動車税還付金に関する書類を渡さなければいけない場合もあります。必要書類の詳細は買取店に確認して下さい。