MENU

中古車買取時の名義変更とその費用について

中古車を中古車買取り業者に売却した場合、車の名義変更が必要になりますが、手順としては、いったん中古車買取り業者名義に変更され、その後、新しいオーナーさんに売却されるときにその方にまた名義変更されるということになります。名義変更は印鑑証明が必要ですので、役場で数百円で入手します。これを売却時に中古車買取り業者へ渡すということになります。
もし、名義が旧姓のままだったり、住所が変更されていなかったりした場合は、戸籍謄本などが必要になる場合がありますので、その必要書類分の料金がかかります。同様に書類を買取業者の方へお渡しして変更してもらいます。買取り業者さんとの交渉で、そのあたりの手数料を出してもらえる場合もありますし、買取金額に上乗せしてくださる場合もあります。売りたい車の車検証をよく確認して、必要な書類を教えてもらいましょう。

 

また、売却時に税金の残り分やリサイクル料といった返金分が発生しますが、通常は買取金額に含まれています。また、大手の中古車買取り業者によくありますが、瑕疵担保責任発生時の保険料や車の輸送費といった、通常説明されない料金を後から上乗せされる場合がありますので、よく確認することをおすすめします。