車査定 無記名

MENU

車査定の必要書類について

実際に中古車を売却するとなれば、名義変更や廃車手続き、譲渡に関わる書類など様々な必要書類を作成することになります。普通自動車・軽自動車でも必要書類には違いがある為、自身の車に合わせた書類を準備することになり非常に面倒です。

 

しかし、中古車査定を受けるだけであれば特に書類を準備する必要はなく、せいぜい「身分証明書」を準備する程度で大丈夫です。中古車査定を受けるという段階であれば、必ずしも売却が決定すると言う訳では無いので書類を準備する必要性自体は全くありません。むしろ、印鑑証明などは発行から3か月しか使用することが出来ないといった制限もあるので、あまり早めに書類を揃えてしまうことは無駄になる可能性も高くなります。

 

また、中古車査定を受けた結果として売却が決定した場合でも、最低限必要な書類に関しては中古車買取業者側で準備してくれます。実際に売却が決まり、それらの書類を作成した段階で印鑑証明や住民票などの書類を取得し、正式な売買契約を締結するといった流れにした方が無駄が無くおすすめです。
ただし、ローン終了時に売却する場合などは「ローン会社に名義変更書類を作成してもらう」ことになる為、ある程度時間がかかるので早めに対応していくと言ことも必要になってきます。